宮部みゆき「ぼんくら 上・下」

先週読んだ本。

e0263536_1338739.jpg


深川北町の、鉄瓶長屋と呼ばれる長屋が舞台。
江戸のどこにでもありそうな長屋で、ある晩八百屋の息子が殺される事件が起きる。
これをきっかけに、差配人の久兵衛が失踪。
この後も色々なことが起きて、櫛の歯が抜けるように長屋の住人が次々に家移りしていく。

背景に、家主の湊屋の意図があると考えた深川臨時廻りの井筒平四郎は、幼なじみの隠密同心に協力を仰ぎ、謎を解こうとするが…



長屋ものにありがちな、人情ものか?と読み進めていくと、ミステリーの色が濃くなってくる。
宮部みゆきさんお得意のストーリー展開。


今作には、名前だけですが、「初ものがたり」の回向院の茂七親分が登場しますよ。



.......................................
[2013.12.24 修正] 登場人物の名前を間違って書いてしまいました。
[PR]
by mimizo0603 | 2013-12-23 22:30 | ほん | Comments(0)

かえるもネコもあまり出てきません


by mimizo0603
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31