かたやま和華「笑う猫には、福来る」

先月読んだ本。
今年の8冊目。

e0263536_06471852.jpg


猫の手屋繁盛記シリーズ5作目。

淡雪の毛皮に覆われた体、松葉の形のひげ、ミツウロコ形の耳に、ひんなり長いしっぽ。
限りなく猫に近い姿をしていても、近山猫太郎宗太郎はれっきとした武士。
訳あって、今は長屋に暮らし、よろず請け負いの猫の手屋をしている。

その長屋に、猫太郎宗太郎が人の姿だった頃の(いや、今でも)許嫁、琴姫がやってきた。
琴姫に対しては、猫太郎宗太郎は修行の旅に出たことになっており、猫の姿になっていることは秘密。
猫太郎宗太郎は、猫の姿の自分が琴姫の許嫁であると悟られないために四苦八苦。
そんな猫太郎宗太郎の気持ちを知ってか知らずか、琴姫はこともあろうに、猫の手屋にきた依頼を解決しようと、町娘の姿に変装し、猫の手ならぬ、「姫の手貸します」とばかりに奮闘する。



おきゃんで賢い琴姫さまのキャラがいいわぁ(^^)
だいぶ丸くなってきたとはいえ、まだまだ頭の固い宗太郎と、何事も一生懸命な琴姫さまのカップルがほほえましい。

このお話の他、前作で宗太郎が拾い、里子に出した子猫の田楽が「猫の目貸します」と頑張るお話もあります。
この田楽は正真正銘の猫。でも飼い主のために一生懸命頑張っている姿がたまらなくかわいらしかった~(^^)

このシリーズを読むと、気持ちがほっこりしていいなぁ。
次回作にも期待です。


[PR]
Commented by chiwari-yuki-y2 at 2018-07-04 06:47
この本もおもしろそう。
mimizoさんがUPされる本、読みたいなって思うのが多いです。
これも読みたいな~貸して(笑)
以前は本をよく読んでいたのだけど、本屋にいかなくなって…
買わなくなると疎くなってしまうんですよね。
読みたいな。
Commented by mimizo0603 at 2018-07-04 10:29
> chiwari-yuki-y2さん
面白いですよー。
この本はネコが沢山出てくるので、ネコ好きにはたまらないですよ。
お貸ししたいけど、きっと最寄りの本屋さんのほうが...(^^;

by mimizo0603 | 2018-07-03 18:00 | ほん | Comments(2)

かえるもネコもあまり出てきません


by mimizo0603
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31