人気ブログランキング |

霜島けい「のっぺら」

今週読んだ本。
今年の12冊目。

e0263536_15021502.jpg


八丁堀の同心、柏木千太郎は、江戸っ子皆が知る有名人。
正義感あふれ、捕り物の腕も良く、男振りも良い千太郎を、江戸っ子たちはこう評する。

「男は顔じゃないねぇ」

いやいや、「顔じゃない」ではなく「顔がない」。
そう、千太郎は妖かし、のっぺらぼうなのだ。

ーーーーーーー

のっぺらぼうが同心??という、出オチのような設定ですが、その設定で、お話が面白くないわけがない。

千太郎の親友で、同じ同心の片桐正悟とのやりとりがコミカルで、クスッとさせられ(千太郎は口がないので、筆談のために帳面を持ち歩いてます)、妖怪であるがための、千太郎の孤独感を感じる部分あり、人間と妖怪との関係性の温かさ、恐ろしさを感じる部分あり。
捕物帖には欠かせないミステリー要素もちゃんとあり。

同じ、時代もので妖怪ものの「しゃばけ」シリーズとはまた違った面白さのある作品でした。

これは私の中で、かなりヒットでした。
2作目がすでに本屋さんに並んでいたので、買いにいきたいと思います。



by mimizo0603 | 2018-10-20 16:01 | ほん | Comments(0)

かえるもネコもあまり出てきません


by mimizo0603
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31